水道料金の楽天カード支払い変更方法と注意点

水道料金は楽天カード支払いに出来るの?ポイントはちゃんと入るの?

水道料金 楽天カード支払い

毎月必ず支払う必要がある水道料金。

この毎月の出費を楽天カードで支払うとポイントがもらえてお得そうですよね。

でも楽天カードで水道料金を支払うためには注意点があります。
このページでは水道代を楽天カード支払いにする際の注意点をまとめて解説しますね。

楽天カードで水道料金支払いをすると

そもそも楽天カードで水道料金を支払うことは出来るのかについて。

最近はクレジットカード払いも浸透してきて、ほとんどの自治体(水道局)で楽天カード支払いができます。

もちろん水道料金を楽天カード支払いにすると、100円につき1ポイントが貰えます。

毎月必ず発生する水道代なので、ここでも確実にポイントが貯まるのは嬉しいですね!

また水道代のような公共料金もよく開催している「街でのご利用分が2倍」とかのキャンペーンの対象にもなるので、こうしたキャンペーンを活用することでさらに効率的にポイントを獲得できます。

・Amazon通販は楽天カード「街でのご利用ごと」のキャンペーンに含まれる?

そして毎月ポイントを稼げるということで、楽天会員のランクアップ条件であるポイント獲得回数や獲得ポイント数も着実に増えます。

水道料金だけなく、携帯代や電気代なども積極的に楽天カード払いにすることで、ダイヤモンド会員にも楽に手が届くことになります。

いいことずくめの水道料金の楽天カード支払い。早速始めてみましょう!

・水道料金を楽天カード支払いできる水道局は多数
・楽天カードで水道料金支払いすると100円につき1ポイント貯まる


申し込み水道各社から

水道料金を楽天カード支払いに変更する場合は、基本的に水道各社から手続きを行うことになります。

申し込み窓口紹介

以下に代表的な水道局のクレジットカード支払い申し込み窓口を貼り付けておきます。


カード払い申込み方法

お住まいの地域の水道局によって、インターネット上で申込完了するパターンと、申込用紙をネットで請求もしくはダウンロードして郵送か直接水道局に手続きをしにいくパターンに分かれています。

上記の表をご参考いただき、表示がない地域にお住まいの方は、

「地域名 水道料金 クレジットカード」で検索するとクレジットカード支払いについてのホームページが出てきますので、そちらでご確認下さい。

パターンA:水道局HP上でカード支払いが完結する
パターンB:水道局HPで申込用紙を入手して郵送する


ホームページに楽天カードの表示がない地域では?

でも私が住んでいる横浜水道局のホームページを見たら、「楽天カードが使える」って書いてなかったけど?

という疑問をお持ちの方もいるかもしれませんね。

確かに横浜市水道局HPを見ると、取り扱いカード会社は「三菱UFJニコス株式会社」や「株式会社クレディセゾン」等が列記されていて「楽天カード株式会社」の表記がありません。

しかし下の方に「上記取り扱いカード会社以外のJCB、MasterCard、VISA、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ提携カード」とそれ以外でもいけますよという注意書きがあります。

これはちょっと目立たないので、正直いって不親切ですね^^;

上記にニコスなどの提携カードでは有効期限の更新などにリンクして横浜市水道局でも対応してくれるんですが、楽天カードなどのその他のクレジットカードはカード自動更新リンクはないので、各自で変更申し込みしてくださいねと書かれています。

楽天カードはこの提携カードなので、安心して横浜水道局でも料金支払いの変更を申し込んでくださいね。

他の水道局のHPも確認しましたが私が見たところ、楽天カードの4種類の国際ブランドに提携していないところはありませんでした。

ただし、繰り返しになりますがお住まいの地域の水道局でクレジットカード払いにそもそも対応しているか、国際ブランドが対応しているかは各自ご確認くださいね。

勘違い:楽天カードの表示がない水道局では楽天カードは使えない
正解:国際ブランドが提携している水道局では楽天カードは使える


水道料金をカード支払いにするデメリット

水道料金を楽天カード支払いにするとポイントも貯まってメリットばかりかと思うかもしれませんが、デメリットというか注意点もあります。

1回払いしかできない

水道料金のクレジットカード払いは普通のお買いもののように、支払回数を選ぶことができません。

全て1回払いになるのでこちらも注意して下さい。

支払いのタイミングはずらすことはできますが、分割払いを期待してクレジットカード支払いはできないというわけです。

上限金額がある

水道料金のクレジットカード支払いには上限金額が決まっているケースがあります。

10万円以上はクレジットカード決済の対象外になることが多いですが(大阪市や福岡市)、尼崎市では3万円以上で決済対象外になるケースもあります。

「1回のご請求金額が10万円以上となった場合は、クレジットカード決済(継続払い)の対象外となり、当局から納入通知書によりご請求いたします。」

なかなか1ヶ月でこれらの金額を超えて水道料金を支払いすることもないでしょうが、お住まいの地域の水道局での確認したほうがいいでしょう。

口座振替割引がなくなる

これは各水道局によるんですが、例えば東京都水道局では銀行口座からの水道料金引き落としを選んだ場合には、月税抜き50円の口座振替割引があるんです。

もし楽天カードを使ってクレジットカード払いに変更した場合には、この割引は受けられないようになります。

つまり東京に一人暮らししていて1ヶ月の水道料金が3,000円とかでポイント獲得が54ポイントに満たない場合などは、口座振替のままの方がお得になるんです。

総務省が発表している1ヶ月あたりの平均水道料金は、3人世帯で5,371円、4人世帯で6,044円とされています。

実際我が家も4人家族ですが、水道料金はだいたい月6,000~7,000円の間くらいです。

一般的なファミリー世帯では楽天カード支払いに変更する方がポイント分でお得ですね。

なおポイント還元率が0.5%のイオンカードなどでは口座振替の方が良くなるので、楽天カードをお持ちならすぐにでも楽天カード払いに変更したほうがいいですね。

また地域によっては口座振替割引が全くない水道局もあるので、そうした地域にお住まいの場合は考える必要もなく、すぐに楽天カード支払いに変更しましょう。

楽天カードをまだお持ちでない方は、1%還元で水道料金支払いにも活躍するクレジットカードをこの機会に申し込みしてみては。

年会費無料なのに入会&利用で5,000ポイントもらえます。

→ 水道料金支払いでも使える楽天カードの詳細


水道代 楽天カード変更

以上、水道料金は楽天カード支払いに出来るの?ポイントはちゃんと入るの?...という話題でした。

公共料金も楽天カードはポイント還元率1%だから、どんどん楽天カード支払いに変更したほうがお得ですよね。

参考リンク:

電気料金支払いのクレジットカードと口座振替との損益分岐点を計算した結果やクレジットカード払いが有利になるポイント還元率については別記事でまとめています。

・電気代はクレジットカード支払いが得?口座振替割引と比較して楽天カードが有利になるのは

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional