楽天カード最短発行 早く手に入れるための入力項目

楽天カード最短発行を目指すなら押さえておきたい3つの申し込み項目とは

楽天カード 最短発行 入力項目

楽天カードを申し込みしたら、できるだけ早くカードを手に入れたいですよね。

最短発行を目指すなら、審査を速くする効果のある項目が、楽天カード入会申込フォームの中にあるんです。

楽天カード最短発行を実現するために注意したい入力項目についてご紹介しますね。


最短発行ならキャッシング枠は「0円」を選ぶ

楽天カードの最短発行を目指す時に、一番重要な申し込み入力項目。

それは「カードのキャッシング枠」です。

この希望ご利用可能額の選択項目の欄から、「0円」を選んで下さい。

「キャッシング枠を希望すると、ポイントプレゼントがあります」

というちょっと魅力的な案内も書いていますが、
ここでは必ず、0円=キャッシング枠を希望しない にしてください。

なぜなら、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの項目あります。

通常のお買い物の決済で使うショッピング枠と、実質上の借金をするキャッシング枠は扱う法律も違うので、別の部門での審査が必要になります。

つまり、2重で時間もかかってしまうということ。
最短で審査を終えて、カード発行、受け取りを希望するなら、キャッシング枠は申し込まないこと。

審査に時間がかかる:キャッシング枠も申し込む
最短発行を目指す:キャッシング枠は申し込まない(0円に)


「でも将来的にキャッシングをするかも」

という人も、キャッシング枠を後から追加で申し込むことも出来ます。

なので最短発行を目指すなら、とりあえずキャシングの選択は0円にしてくださいね。

電話番号は2個とも入力すること

楽天カード 申し込み項目

もう一つ、最短発行で気をつけたい申し込み項目が

「電話番号1」「電話番号2」の欄。

固定電話が自宅にあるなら「電話番号1」に入力。
さらに携帯やスマホを持っているなら、「電話番号2」にも必ず入力するようにしましょう。

「固定電話を書いているから1つでいいのでは」
と思うかもしれませんが、ここでは必ず2個とも記入して下さい。

なぜなら、もし申し込みフォームに間違いや不確かなことがあった場合、楽天カードから申し込み内容を確認する電話がかかってくることがあります。

そうした場合に固定電話しか記入されていないと仕事などで外出中の時に電話がかかってきても応答できずに、審査待ちの時間が長くなります。

もしも入力した固定電話の番号自体が入力ミスで間違っていたとしたら・・・
最悪、審査落ちという結論になってしまいます。

なので、電話番号は2箇所とも入力するようにしてくださいね。

間違い:自宅番号を書いたら携帯番号は書かなくてもいい
正解:自宅番号と携帯番号を書けば連絡取れないリスクが減る


メールアドレスも2個とも入力すること

また同様の理由で、
メールアドレスもパソコンと携帯・スマホの2個とも書いておくほうがいいですね。

こうした連絡方法を複数持っていることも
「連絡がつきやすい人」であると審査の印象も良くなるかもしれませんね。

審査項目 安心感

以上、楽天カード最短発行を目指すなら押さえておきたい3つの申し込み項目とは...という話題でした。

最短発行を目指すなら、審査をする側の確認項目で後戻りなどの再確認などの手間を極力減らすようにすること。そしてキャッシング枠の審査など別部門の作業を増やさないことが重要と言うことですね。

これは楽天カードに限らず、クレジットカード全般の審査に共通する注意点なので、カード申し込みをする際にはぜひ心がけてくださいね。


参考リンク:

楽天カードは即日審査完了しても即日発行はシステム上できませんが、即日発行でクレジットカードがどうしても方には以下の記事も役に立つかもしれません。

楽天カードは即日発行できる?どうしても当日受け取りしたいなら

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional