学生 楽天カード

楽天カードは学生でも申し込みできる?世帯年収の記入方法や審査落ちする理由

楽天カード 学生申し込みできる

楽天カードは大学生や専門学生であっても申し込みできるクレジットカードです。

学生限定の楽天アカデミーカードもあるのですが、今回は通常の楽天カードを学生の方が申し込む場合の疑問などについてまとめて紹介します。

アルバイト収入がなくてもいいの?限度額やキャッシング枠はどうなる?一人暮らしの時の世帯年収は?仕送りの入力方法、海外キャッシングをしたい場合は?

学生さんが楽天カードを申し込む時に気になることを解説しますね。

→ 学生も申し込める楽天カードの詳細

楽天カード詳細ページボタンgak1




収入なしの学生でも申し込み可(アルバイトしてなくても)

楽天カードは高校生を除く18歳以上の方でしたら誰でも申し込みができます。
パート、アルバイト、専業主婦でも申し込みが可能です。

仮に無職の方でも申し込み可能のため、アルバイトをしていない学生の方でも問題ありません。

ただし未成年者が申し込みする場合は、親権者の同意が必要となります。

楽天カード 大学生

学生も同様に審査あり

楽天カードはクレジットカードですのでもちろん審査があります。

しかし審査が特別厳しいカードというわけではなく、クレジットカード全体でみても審査はやさしい部類に入ります。

楽天カードとしてはたくさんの人にカード会員になってもらい、クレジットカードが使えるお店、公共料金の引き落としや楽天市場などのインターネットショッピングで利用して欲しいと考えています。

けっして誰でも審査に通るわけではありませんが、クレジットカードの申し込み条件ではよく目にする「現在お勤めの方」や「安定収入のある方」などという文言は一切ありません。

学生でも審査落ちしやすい人とは

他のクレジットカードをお持ちで支払いの遅延を起こしたことがある、携帯電話の料金を滞納したことがある方などは、審査に通らない可能性があります。

学生の限度額は?キャッシングはできる?

クレジットカードの限度額はカード会社が審査をおこなう際に、申し込み者の年収や勤続年数、他社での借り入れ状況、持ち家の有無などを総合的に判断して決定します。

学生のショッピング限度額は低め

毎月収入がある現在お勤めの方であれば楽天カードの場合10万円から100万円までの範囲で限度額が決まります。

しかし学生の場合本業はあくまで学生ですから、アルバイトをしていなければ収入がない状態です。

ちなみに学生の方の限度額は10万円となっています。

あたり前の話ですが正社員などの安定した収入に比べ学生は収入が少ないとみなされ返済能力が高くないと判断されます。

学生はキャッシング枠をつけられない

クレジットカードにはショッピング枠とは別にいざというときATMでお金を借りることができるキャッシング枠があります。

しかし学生の方はキャッシング枠を付けることができません。
(専業主婦や無職の方も同じです)

仮に申し込み者が成人していたとしても、学生の場合はキャッシング枠はつけることができませんので注意が必要です。

学生の本人年収はどう書く?アルバイト代はどうなる?

学生 アルバイト収入

楽天カードの申し込みの際に、学生だけどアルバイトもしているなら収入欄にはどのように入力するべきなのでしょうか。

学生であっても仮に申し込み者がアルバイトをしている場合、それは立派な収入とみなされます。

金額が多いから良いとか少ないから悪いということはありません。
学生の場合収入が少ないのがあたり前です。

ただし少なからず収入があるということで、楽天カードの審査にあたってはプラスの材料になることは間違いありません。

収入が少ない学生でもなぜクレジットカードが発行できるのか疑問に思う方もいると思います。
カード会社としては学生時代から自社のカードを利用してもらい、社会人になってからも継続してカ利用してもらいたいという意図があります。

もしアルバイトをしていない場合は、正直に年収欄は0円と入力しましょう。

絶対にしていけないことは、収入がないのに関わらず嘘の情報を入力することです。

例えば友人の働いている職場の情報を入力したり、架空の店舗情報を入力したりすることです。

もしそういった事実が発覚した場合、信用情報に傷がつき楽天カードだけでなく他のクレジットカードも作成ができなくなります。
絶対に行わないでください。

学生の世帯年収の書き方

楽天カードを学生の方が申し込みした場合は、申し込みを進めていくと本人の年収とは別に世帯年収を入力する項目があります。

世帯年収とは一緒に同居している家族でいくら年収があるのかということをいいます。

この世帯年収なんですが、楽天カードの申し込み者が親と同居している場合と、一人暮らしをしている場合とで入力の仕方が違います。

学生 親と同居

親と同居している場合

学生さんでも実家暮らしで親と同居している場合は、家族全員の年収を合計した金額を入力しましょう。
例えば親が共働きで本人もアルバイトをしている場合その合計となります。

一人暮らしの場合(親と別居)

現在一人暮らしで親と同居していない場合は、学生さんでも本人の年収を入力します。

もしアルバイトをしている場合はその金額を、アルバイトをしていない場合は0円と世帯年収に入力します。

親からの仕送りが定期的にある場合はアルバイトの収入と合わせて入力しましょう。

学生でも申し込める楽天カードは限度額こそ低いものの、収入がない学生でも申し込みができるということでもともとハードルが低いです。

今までに他社での支払いで遅延を起こしたり、多重申し込みでもない限り審査に通る可能性が高いと言えそうです。

学生でも海外キャッシング可能になる3つの条件

学生 海外キャッシング

夏休みなどの長期の休日や、卒業旅行などで海外旅行される学生の方も多いと思います。

そんな時、現地通貨を空港などで両替すると両替の手数料が掛かります。

クレジットカードのキャッシング機能は、現地のATMで現地通貨を引き出すことができ、両替に比べて手数料も安くすみます。

基本的には学生は海外に限らずキャッシング機能を利用できないのですが、条件を満たせば使用可能にすることができます。

アルバイトなどで収入を得ていること

あくまで収入ですので親からの仕送りがあってもその額は含みません。
本人が働いているかどうかが重要です。

本人の源泉徴収票か給与明細が必要

源泉徴収票や給与明細は本当に収入を得ているかの証明になります。仮に手元にない場合は職場の方に言えばもらえるはずです。

キャッシング枠は最小で

申込時はキャッシング枠は年収の1/3以下もしくは最小の枠を希望します。

貸金業法という法律により年収の1/3までしかお金を借りれないことになっています。
できる限り少ない額を希望したほうが得策といえます。

楽天カードが発行されてからキャッシング機能を使用したい場合、申請が必要でその際にも審査があります。

上記の条件を満たしたからといって絶対にキャッシング機能が有効になるわけではありませんので注意が必要です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional