楽天カードの申し込み前に。家族カードも追加できる楽天カードで入会5000ポイントを確実にもらえる方法。etcカードも年会費無料にする裏ワザ、コンビニで公共料金収納代行払いでもポイントを貯められるウラ技など、主婦の口コミも合わせてご紹介

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?クレジットカード初心者基礎知識

クレヒス(クレジットヒストリー)とは?

クレヒスって言葉、聞いたことありませんか?

クレジットヒストリー、通称クレヒスは
その名の通りクレジットカードを利用した履歴
信用情報機関に記録されています。
クレヒスデータ
クレヒスは、信用情報センターに会員登録している
銀行やクレジットカード会社、消費者金融会社が
自由に閲覧できるんです。

会員であるクレジットカード会社などは、
ローンを組もうとした人や
クレジットカードを申し込もうとした人の
クレヒスを閲覧することで、

「この人はちゃんとローンを返済してくれそう」
「滞納履歴があるから、住宅ローンは断ろう」
「カードを発行しても大丈夫だろう」

など、カード発行やローン審査などの
判断の参考にしているんです。

このページでは、
クレヒス(クレジットヒストリー)にどんな情報が
記録されていて、どんな意味があるのか順番に見ていきますね。

クレヒスが記録されている信用情報機関は3つ

まずはじめに
クレジットヒストリーが記録、保存されている
信用情報センターなんですが、日本に3つあるんです。

[check]株式会社シー・アイ・シー(CIC)
[check]株式会社日本信用情報機構(JICC)
[check]全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)

クレジットのCICについて

このサイトは、楽天カードの申し込みを検討している方が
多くご覧になっていると思うので、最も関連の深い
信用情報機関であるCIC(株式会社シー・アイ・シー)について解説していきますね。

CICに毎月カード返済状況が登録されている

返済や遅延状況をチェック

CICの主な会員は、クレジット事業を行う企業で

割賦販売法に基づく貸し出しを行う企業は、
「CIC」に登録することが必須です。

CICは、割賦販売法と貸金業法という法律に基づく
信用情報機関として国から指定を受けているので

クレジットカードの申込みをすると
必ずCICにその事実が登録されることとなります。

また月に1回以上の情報更新が義務になっているので
返済や遅延状況など、その人のカードについて
最新情報が更新されて登録されているんです。

CICで確認できる情報の内容は?

CICに登録されていて、確認できる情報は以下の通りです。

本人に関する情報

氏名、生年月日、電話番号、住所、勤務先名、勤務先電話、 等

契約内容

契約の種類、契約の内容、契約年月日、契約終了予定日、支払回数、
極度額/内キャッシング枠、商品名、等

支払状況

請求額、入金額残債額/内キャッシング残債額、
返済状況、経過状況、終了状況、等

個人の信用情報


クレヒスのクレジット情報の中で一番大切な項目はこれ

こんな感じで、かなり細かい情報が登録されているんですが
中でも特に気をつけて見られる項目(重要な項目)は、以下になります。

[check]契約の内容(カードか個品割賦か無担保融資かなど)
[check]残債額(この時点で残っている借入額)
[check]返済状況(成約:順調に返済中、異動:長期の延滞=危険)
[check]入金状況(=支払状況)

もっとも重要な入金状況は、記号で
過去2年間を遡って記載されています。

このうち「$」マーク(=請求額どおり入金済み)がついていれば問題ないのですが、
「A」(=予定の入金なし)か「P」(=請求額の一部だけが入金済)
マークされていたら大変です。

こうした記号がマークがされている方には、
新しく楽天カードを発行してくれない可能性が高くなります。

クレジット情報の入金状況表中の記号の意味

  • $:当月の請求額どおり入金済み
  • A:カード所有者事情で入金がなかった
       ⇒この表記があれば信用は落ちます
  • P:当月請求額の一部だけが入金済(一部のみ入金)
  • B:カード所有者以外の理由で入金がなかった
  • C:原因不明で入金されていない
  • R:カード所有者以外から入金済み
  • -:該当月に、請求自体がなかった
       ⇒これは問題なし
  • 空欄:クレジット会社から情報更新なし(例:クレジット利用なしの場合など)

クレヒスは本人でも確認することができます

自宅パソコンでクレヒスは開示申し込みできる

このようにローンを組む時や
クレジットカードを申し込む時に
金融機関などから勝手に閲覧されてしまうクレヒスなんですが

カードを利用する本人(自分)でも
確認することができるんです。

クレジットヒストリーの確認のやり方は4種類

現在、CICで自分の信用情報を
確認(クレジット情報開示)する方法としては
以下の4種類から選ぶことが出来ます。

  1. パソコンで開示
  2. 携帯電話で開示
      ※現在のところスマートフォンは不可
  3. 郵送で開示
  4. 窓口で開示

それぞれ、500~1,000円の手数料で「信用情報開示報告書」を発行してもらって確認することができるので

楽天カードに限らず、新しいクレジットカードを申し込む前に
自分のクレヒスを確認してみてもいいかもしれませんね。

⇒ CIC「信用情報開示報告書」申し込みの方法(CIC公式サイト)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional