ネット通販でクレジットカードを利用するなら 気をつけるべき対策5か条【ネット通販初心者向け】

初心者必見!ネット通販を利用する時に気をつけるべき対策5か条

ネット通販カード 不正利用注意

お店に行かなくても様々な商品が便利にしかもお得に購入できるインターネット通販。
今どきは、物流の発展もあってネット通販なしでは考えられないほど利用者が増えてますよね。

そんなネット通販ですが、「クレジットカード不正利用に遭った」「通販した商品が届かない」「知らないカード利用が増えた」なんてトラブルも年々増えてきています。

そんなネット通販でのカード被害に合わないためにも、ネット通販初心者の方にも注意してほしいことをまとめました。

是非参考にして、安心して便利にネット通販生活を楽しんでくださいね。

1.クレジットカード会社の利用明細をチェック

カードを利用したときはもちろん、利用していないときにも頻繁に利用明細をチェックする習慣をつけましょう。

これはとても基本的で必ず行ってほしい習慣です。
例えば毎週日曜日にWeb上の利用明細を確認する。
こうしたことで自分の身に覚えないカード利用の履歴を発見できます。
もし不正利用を発見したらすぐにカード会社に連絡しましょう。

すぐに連絡すれば、不正利用の分はさかのぼって救済してくれるような規約のあるクレジットカードが多いからです。

最近はインターネットでカード決済の履歴をリアルタイムで確認できるクレジットカードがほとんどです。

こうしたサービスを上手く活用して、履歴はこまめにチェックする習慣をつけた方がいいですね。

クレジットカードで購入したものの商品、金額、日付、店名などを逐一メモすることも大切です。

リンク:カード利用速報メールでチェックできる楽天カードの詳細

2.知名度のある日本国内のネット通販サイトで購入する

楽天市場やアマゾン、ZOZOタウンなど、誰でも一度は聞いたことのあるサイトを選んで購入するようにしましょう。

こうした有名どころのショッピングモールなら出店するのにある程度の審査があるので比較的安心です。

サイトがおしゃれでも海外のサイトは警戒したほうがいいでしょうね。

いざという時によっぽど英語などが堪能な方以外は、トラブルの説明のやり取りも不自由なものになりそうです。

法律的な違いもある可能性があるので、日本国内のサイトで購入するのが無難です。

3.カード情報入力時はブラウザの鍵マークを確認

サイトがしっかりとセキュリティー対策をしていれば、ブラウザがSSLに対応していて、鍵マークが表示されます。

入力情報をきちんと守ってくれる暗号化に対応している目印になります。

詳しいことをいうと、証明書の記載などのチェック項目もあるんですが、最近のブラウザ(IEなら8以上)はけっこうかなりやかましくチェックするので、IEなら鍵マークが表示されて警告がその後でなければ、とりあえず大丈夫でしょう。

4.セキュリティソフトと最新版OSでPC自体を健全に

パソコン自体がトロイの木馬などのウイルスに感染してしまっては意味がありません。

セキュリティーソフトを必ずパソコンにインストールして、Windowsアップデートでパソコンを最新の状態にしましょう。
そしてウィルス対策ソフトでこまめにチェック、あやしいスパムメールなどは開かないなど、普段からきちんと対策をしておきましょう。

5.購入サイトへはシンプルで信頼できる経路で

現実の生活で言うならば、
「変なところをうろうろしない」という感じでしょうか。

様々なブログやサイトをフラフラ見ながら、リンクを次々にたどっていったり、ツイッター等のリンクを踏んだりして誘導されたサイトでネット通販すると、フィッシングサイトなどの悪意のあるサイトだったなんてケースに陥りやすくなります。
  
裏道をふらふらせずに、メインストリートからデパート等の有名店にさっそうと入るイメージで、はじめからお目当ての有名サイトの名前を検索窓に入力したり、お店のURLアドレスを直接入力、そしてスマートにショッピングするようにするのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。
今や利用しないことの方が難しい、利用しないともったいないくらいのネット通販。

ネット通販でクレジット決済を確実に安心に行うためにも、こうした注意点に気をつけて便利なショッピング生活を満喫してくださいね。

楽天カードなら第2パスワードも設定できる楽天e-naviで利用明細もいつでも確認できて、本人認証サービスも登録可能。
カード利用お知らせメールもあって安心です。
楽天カードの申込み方法や特徴は別ページにまとめていますので、興味があれば参考にしてみてくださいね。

いずれにしてもクレジットカードの利用については、くれぐれも気をつけてくださいね^^

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional