楽天カードに家族カードを追加して作るのはメリットある?楽天カードを新規に家族それぞれで持つほうがいいの?

楽天カードと家族カード比較!申し込みはどっちが得?メリットを比べてみた

RakutenCard TOP > 楽天カードと家族カード どっちがいい?

楽天本人カードと家族カードなら、どっちがいい?

家族カードとどっちがいいの?
楽天カードでは追加で(本人カードに紐付けて)
家族カードを複数枚申し込むことが出来ます。

楽天カードと同じく、家族カードも
発行手数料や年会費は無料なので
気軽に申し込むことができます。

だけど、実際のところ

[check]家族それぞれで複数の楽天カードを申し込み
[check]楽天本カードに追加して家族カードを申し込み

どちらがより、お得なんでしょうか?

このページでは、この点について
検証していこうと思います。

もらえるポイント数の比較

まずは、
入会でもらえる楽天スーパーポイントの数について

[check]楽天カードを家族それぞれで申し込む場合
[check]本人カードに紐付けて家族カードを申し込む場合

のそれぞれのケースに分けて比べてみましょう。

楽天カード入会でもらえるポイント数一覧表



通常、楽天カード発行&カード1回利用で
もらえるポイントは5,000ポイント

しかもカード利用1回で、利用金額の縛りはありません

つまり極端な話、1円分のカード利用でもOK!



楽天カードは、大学生でも、専業主婦だって
カード発行申し込みが出来るから、

例えば、夫婦2人でカードを申し込んだ
場合ならば、
楽天ポイントが1万円分

さらに家族4名で申し込んだら
楽天ポイントが2万円分

楽天カードを夫婦で申し込み

このように人数に比例して
楽天スーパーポイントがプレゼントされるから、

親子や兄弟姉妹など、家族でおのおの
楽天カードを申し込んだのなら、
楽天入会キャンペーンが爆発的に有利になるんです♪

表にするとこんな感じ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

楽天カード
申込人数 
貰える楽天ポイント 
1人楽天ポイント5千円分
2人楽天ポイント1万円分
3人楽天ポイント1万5千円分
4人楽天ポイント2万円分


さらに時期によっては
入会&利用で7,000ポイントや9,000ポイントがもらえる
キャンペーンをやっていたりします。

こうしたキャンペーンを見逃さないようにしてくださいね。

↑上のバナーの数字変化したらチャンス!



家族カード入会でもらえる楽天ポイント数 は?

賢くポイントを貯めよう
楽天カードの入会キャンペーンとして
楽天家族カードを発行依頼して、

家族カード到着後、楽天e-NAVIに登録すると
200ポイントがもらえる
キャンペーンもやっています。

さらに

家族カードで合計10,000円以上のお買い物をしたら
さらに1,800ポイントがもらえるんです。

この合わせて2,000円分もらえる楽天ポイントも
お得な感じはしますよね。

もらえるポイント数で比べた結果まとめ

でも、前の項目を読んでいただいた方は、
気づいていますよね。

申し込みのポイント!

そう、
家族カード発行よりも
家族それぞれで、楽天カードを申し込む方が
2.5倍の楽天スーパーポイント
ゲットすることができるんです♪


しかも、家族カードで1万円分の
買い物をするのって、結構ハードル高めですよね^^;


さらに家族を紹介することでポイントゲット

もちろん同居のご夫婦でも
それぞれ楽天カードを申し込むことが出来ます。

もし旦那さん(夫)が楽天カードの審査に通っていれば、
奥さん(妻)も審査に通りやすいと言えます。
(楽天カードは世帯収入が審査基準になるため)

先に旦那さんが楽天カードを持っている場合、
奥さんが申し込む時に紹介者IDを入力することで
旦那さんに紹介特典の2,000ポイントがプレゼントされます!


紹介2000ポイントをもらう流れ


紹介者IDを確認する方法


ここで必要になってくる紹介者ID
旦那さんの楽天e-NAVIメニューの「ポイントサービス」の中にある
「あなたの紹介者ID」で確認できます。


あなたの紹介者IDの例




つまり、

[check]家族別々で申込んだ方が、楽天スーパーポイントがたくさんもらえる

[check]楽天カードを家族に紹介すれば、紹介料として2,000ポイントをもらえる



【結論】楽天カードはそれぞれ本人で申し込みましょう!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
⇒ 楽天カードを申し込む
(入会ポイント増量キャンペーン中!)

楽天家族カードならではのメリット(利点)



家族カードならではのメリットは?


じゃあ、家族カードってメリットないの?

という素朴な疑問が湧いてきますよね。

実際のところ、そうは言っても、
家族カードには、家族カードならではのメリットがあるんです。

その辺りをご紹介しますので、
じっくり家族カードの魅力を検討して下さいね。

利点1)親カード会員にまとめて利用料金を請求

家族カードの場合、
楽天本カード(親カード)所有者あてに
カード利用料金が請求されます。

つまり、
  [check]家計をひとまとめにしたい
  [check]家族がクレジットカードを
  乱用しないように管理したい
などのケースならば、家族カードが有利になるんです。

子供の無駄遣いが心配

[check]楽天カードを、家族それぞれが持った場合は・・・

クレジットの請求が各自にいくので、
もし家族の会計を別々にしたい場合なら有利に。

例)何を買ったのか、
旦那さんに知られたくない奥さんなど


楽天カード申込み窓口へ


利点2)利用明細書(楽天E-navi)もまとめて確認

家族カードの場合、
楽天本カード所有者(親会員)あてに
利用明細書が発行
されます。
(E-naviで確認出来ます。)

楽天e-NAVIならパソコンで確認

つまり、家族利用分
奥さんや子供がいくら使ったかなど)も確認できるので、
家計全体としての把握が簡単になります。

[check]楽天カードを家族それぞれで申し込むなら・・・

カード保有者それぞれに
利用明細書が発行される
から
知られたくない趣味のDVDや本などの
購入履歴がばれない

つまり、プライバシーが保たれる



利点3)楽天ポイントを本人カード会員にまとめて付与

家族カードの場合、
楽天本カード(親カード)所有者に
獲得したポイントが全部集まる
んです。

例えばつまり、
家族カード保有者のお子さんや奥さんが
カードを利用して獲得したポイントが
旦那さん(本人)にまとめて加算されます。

まぁ、請求金額を支払うのは
楽天本人カード会員である旦那さんだから
ポイントがまとめて貯まるのは納得ですね。

[check]楽天カードを家族別々で申し込む場合は・・・

家族それぞれに、各々が獲得した
楽天ポイントが付与される
 つまり、
自分が買い物して獲得したポイントは、
自分で使いたいなら楽天カードがおすすめ


利点4)家族カード間でポイントを移動できる

家族それぞれが獲得したポイントなんですが
「家族でポイントおまとめサービス」を
使えば、ポイントを家族間で移行可能です。

具体的に言うと、
(本人カードがお父さん、家族カードをお母さんとお子さんが持っている場合)

お父さんが出張のホテル支払いで貯めたポイントを
お母さんにプレゼントしたり、

お母さんがスーパーの買い物で貯めたポイントを
お子さんにお小遣いとしてプレゼントしたり、

家族間でポイント移動が自由自在に出来るんです。

家族間でポイント分け与えのイメージ
<参考:楽天カード 公式サイト>

  • 本カード⇔家族カード でポイント移動
    例)お父さんとお母さん、又は、お父さんとお子さん
  • 家族カード⇔家族カード でポイント移動
    例)お母さんとお子さん(お父さんの本人カードにそれぞれ紐付け)


ポイント移行の注意点

とっても便利な
「家族でおまとめポイント移行サービス」なんですが
注意点があります。

それは移行可能ポイントは
通常ポイントだけが対象ということ。
期間限定ポイントは移動できない
つまり

  • 期間限定ポイント
  • 提携サービスからの交換したポイント
    などは、家族間であっても移動できません。

また、
移行できるポイントは

  • 50ポイント以上
  • 1ポイント単位
  • 上限は月間10,000ポイントまで

となっています。
こららの点は、覚えておいてくださいね。

ちなみにポイント移行サービスは楽天カードだけでなく、

楽天PINKカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカード、楽天ブラックカードと それらに紐づく家族カード

でも適応可能です。

利点5)海外旅行傷害保険の適用について

海外旅行に保険はつきもの

楽天カード保有者なら、
カード利用で無料でついてくる海外旅行傷害保険。

無料なのに補償内容がスグレモノの
この保険なんですが、

日本出国前に
[check]海外旅行代金
[check]自宅から出発空港までの交通費
のいずれかを楽天カードで支払うと保険適用になるんですが
同行の家族カード会員にも適用されるんです。

適用条件や補償内容については
「楽天カード旅行傷害保険について」 の記事でご確認下さい。


同行者が家族カードなら自動的に保険適用

具体的な例をあげて説明しますね。

旦那さんと奥様、そして小学生の息子の
親子3人で7日間のハワイ旅行に
出かけるとします。

家族でハワイ旅行

旦那さんが楽天カード(親)を持っていて
奥様が家族カードを持っているとします。

パッケージツアーの代金を
旦那さんの楽天カードで支払った場合、

旦那さんと奥様共に
楽天カード海外旅行傷害保険の適用を受けます。


同行者も本カードなら保険適用は利用付帯

一方、
旦那さんと奥様、それぞれが
楽天本カード会員になっている場合、

上の例で考えると、
3人分のツアー料金をカード支払いすれば
旦那さん、奥様の双方が保険適用になります。

しかし、注意して下さい!

ツアー料金は現金で払って
旦那さんは会社から直接空港へ、
息子さんと奥様はご自宅から空港へ行く場合など、

会社から成田空港までの
タクシー代を旦那さんの楽天カードで支払ったなら、

旦那さんだけが、
楽天カード海外旅行傷害保険の適用となり、
奥様は保険適用外になります。

奥様も保険を受けようとするなら
例えば、ご自宅から成田空港までのタクシー代を
奥様の楽天カードで支払う必要があるんです。
※保険適用条件が利用付帯のため

海外旅行保険の利用付帯条件は
ちょっとややこしいですね^^;

ちなみに小学生の息子さんに関しては
どちらのケースでも、カードを持っていないので保険適用外です。

つまり、

家族カードなら
本カード会員が保険適用条件に該当すると
海外旅行同行の家族カード会員も
自動的に保険適用されるので
何も気にしなくていい分、有利と言えます。

利点6)ネット安心サービスなど

楽天カード会員と同じように
家族カードでも、カード利用に関する
安全・安心のためのサービスが無料付帯するんです。

ネット不正あんしん制度

ネットショッピングで
入力したカード情報を盗まれて

勝手に買い物されたらどうしよう・・・
そんな風に心配される方にも

安心の楽天カードネット不正あんしん制度が
家族カードにも付いてきます。

もし家族カードが不正利用されてしまったなどの
カード被害を被ってしまった場合、

インターネットショッピングでの損害金額を
全て補償してくれるサービス。

お知らせメールサービス

カードでのお買い物や、ATMキャッシングを
家族カードを使って利用した後で
取引内容をメール通知してくれるサービス。

カード利用後、
最短で翌日に届く「【速報版】カード利用のお知らせ」と
最短で2日後に届く「【速報版】カード利用のお知らせ」が
あります。

こうした通知があるから、
万が一、誰かが勝手にカード番号などを
盗み出して不正に使われたとしても、
不正利用を発見することが可能です。

カード盗難保険

カードの紛失、盗難にあった場合、
すぐに盗難・紛失専用ダイヤルに電話してください。

安心のカード盗難保険で
不正利用の被害にも損害額を負担してくれます。

【盗難・紛失専用ダイヤル】
電話番号 0120-86-6910
通話料無料、24時間365日受付。
携帯電話、PHSでも利用可。

もしもフリーダイヤルが利用できない場合は
24時間受け付けてくれる
電話番号 092-474-9256(有料)
へすぐ電話してくださいね。

「家族カードならでは」というわけではありませんが
こうした補償が家族カードにも
無料付帯してくれるのはメリットですよね。



こう見ていくと、やっぱり
家族カードならではメリットもありますね。

場合によっては
楽天カードをそれぞれ申し込むだけでなく、
家族カードを発行するパターンもありですね。

楽天家族カードのまとめ

家族カードについてまとめてみると

  • 配偶者、両親、18歳以上の学生(高校生は除く)でも
    家族カードは申し込める。
  • 5枚まで申し込み可能。
  • ETCカードは発行できない。
  • 親カードと同じの国際ブランド。
    (VISA、マスターカード、JCB)
  • 家族カード利用での獲得ポイントも親カードに付与。

家族カードを申し込んだとしても
発行の審査対象は親カード会員なので
制約などはどうしてもあります。

ただし、
親子カードとして考えて総合的に判断すると
持っていても特に問題になる要因は見当たらないですね。

【楽天家族カードのまとめ一覧表】

申し込み資格楽天カード会員と生計を同一にする
配偶者・両親・18歳以上の子供(高校を除く)
必要書類不要
年会費永年無料
ショッピング利用枠親カードと利用枠共有(合算)
キャッシング利用枠親カードと利用枠共有(合算)
ショッピングリボ実質年率親カードと同率
キャッシング実質年率親カードと同率
付帯保険盗難保険、旅行傷害保険
提携国際ブランド親カードと同じ国際ブランド
ポイント付与率100円毎に1ポイント(親カードに付与)
利用できる電子マネー楽天Edy※
ETCカード付帯できません
審査対象者親カード会員
発行可能枚数親カード1枚につき、家族カード5枚まで
カード送付先親カード会員の現住所

【※Edy機能について】
本会員のEdy付帯の有無に関わらず、付帯可能。
家族カードにEdy機能付帯選択した場合は、1枚あたり発行手数料324円(税込み)が別途必要

家族カード申し込み方法

楽天家族カードの申し込みは、以下のような順序になっています。

  1. 親カード会員の楽天e-NAVIにログインする
  2. 「カードのお申し込み・切り替え 」ページの
    「カードのお申し込み」から「家族カード」をクリック
  3. 「おすすめカードのお申し込み(家族カード)」ページで
    内容を確認して必要事項を入力する

ちょっとややこしいので
下に申し込みページに行けるリンクを貼っておきます。

⇒ 楽天家族カード申し込み画面へ(公式サイト)

楽天家族カード申し込み画面

申し込みに必要な入力事項



「家族カードのお申し込み内容」の入力事項は
以下の項目があります。(全て必須)

[check]家族カードのEdy機能付帯
「付帯する」か「付帯しない」の選択

[check]家族カードに設定する暗証番号

[check]お申し込みの家族氏名(漢字)

[check]お申し込みの家族氏名(ふりがな)

[check]お申し込みの家族氏名(ローマ字)

[check]生年月日

[check]性別

[check]続き柄
「配偶者」か「親」か「子」の選択制

[check]家族カード会員様メールアドレス
「入力する」か「入力しない」の選択制

ちなみに、
家族カードを申し込む際に同封する書類はないので
生年月日や名前をどうやって確定しているのかは不明です。

まぁ、審査対象が親カード会員だから
そのあたりは不要なんでしょうね。

比較まとめ 結局どっちを選べばいいの?

楽天カードは就職してから

とまぁ、いろいろと説明させて頂きましたが
私の個人的感覚でザクッとカンタンにまとめてみると

それぞれで楽天カードを申し込んだ時のメリット

家族カードを申し込んだ時のメリット

という感じでしょうか。


それぞれにメリットデメリットもある
家族カードと楽天カード。

結局のところ、
どちらを選んで申し込んだほうがいいんでしょうか?

どちらのカードもメリットあり

もちろん最後は
あなたのご家族の状況やタイミングにもよるんですが

私の個人的な意見で言わせてもらうなら、


[check]子供が独立していない時は、家族カード


[check]就職したら、それぞれ自分名義で楽天カード


これがシンプルでいいのかなぁと思います。


家族カードについて公式サイトで確認するなら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
楽天カード公式サイトで家族カードを確認


家族カードにまつわる疑問解決

いかがでしたか。
楽天カードと家族カードのそうれぞれの
特徴とメリットを比べてみました。

次によく聞かれる家族カードについての
疑問にお答えしていきますね。


主婦なら、家族カードにするべき?

主婦でも申し込めるの?

主婦だからクレジットカードの
審査は、どうせムリでしょう?

と思いこんでいる女性もいるかもしれませんね。

 でも、
楽天カードは口コミなどを見ても、
(比較的審査が厳しくないのか)

申し込みから、すんなり審査に通って
カード発行されている
主婦の方が多いように思います。

※楽天カードは世帯全体収入を審査基準にしているため、
世帯収入が基準を満足していれば、
主婦の方でも審査通過する可能性が高いと言われています。

何を買ったのかパートナーに
知られたくないコトもあるでしょうし、

夫婦間であっても、
プライバシーはあって当然ですよね。

夫婦円満にはプライバシーも必要

特に後ろめたくないものであっても、
ヘンに勘違いされたくないことも
ありますからね。
夫婦が円満でいるためには、
プライバシーの尊重も必要です(*^^*)

家族カードがいいか、
別々で楽天カードの方がいいか、
じっくり考えてみて下さいね。

ちなみに専業主婦の方で
楽天カードを申し込む場合は、

キャッシング枠を0円にする方が
審査に通る可能性が高いのでオススメです。

⇒ 楽天カードを新規に申し込むならコチラ

楽天カード申込み窓口へ

同性パートナー(LGBT)は家族カードは無理?

同性パートナー(LGBT)は家族として認められない
場面も多いから

楽天カードも本人会員として
申し込まなければいけないんでしょうか?

答えは、同性パートナー(LGBT)でも

生計を同一にしていれば楽天家族カードを申し込み出来るんです。

これは楽天カードで公式にweb掲載されています。
さすがに世界的な企業だけあって
進んでいますね。

入会ポイントとしては
本人カードを申し込むよりも少ないですが、

本当のパートナーのステイタスとして
家族カードを申し込んでペアで持つという選択は
ある意味素晴らしいのではないでしょうか。

楽天家族カード申し込み画面へ

家族カード会員にもETCカードを付帯できる?

旦那さんの楽天カードに追加して
奥さんが家族カードを持っているケースは多いと思います。

夫婦で家族カード

そうしたご夫婦で車を2台お持ちで
ETCカードを2枚ほしいという時、

家族カードに付帯して
ETCカードを発行してくれるんでしょうか?
(ETCカードを2枚持ちできるのか?)




答えは、NOです!

家族カードではETCカードを付帯発行できないので
どうしてももう1枚、ETCカードが欲しい場合は

奥さんの本人名義で楽天カードを発行して、
合わせてETCカードを申し込む必要があります。

⇒ 楽天カードを新規に申し込む

ちなみに
法人専用の「楽天ビジネスカード」なら
2枚以上のETCカードを追加発行してもらうことができます。

当社発行のクレジットカード1枚に対して楽天ETCカード
付帯できるのは1枚のみとなっております。
ただし、楽天ビジネスカードは法人様向けのカードのため、
複数枚の楽天ETCカードをお持ちいただくことが可能です。

<楽天カード公式サイトより転載>

家族カード利用でゲットしたポイントはどこに付与される?

楽天家族カードを支払いに使った時に付与される
楽天スーパーポイントはどこに行くんでしょうか?

原則的な答えを言うと、
「楽天カード契約者(親会員)の楽天スーパーポイント口座に付与」
ということになります。

Edy利用ポイントも親会員へ付与される

ちなみに家族カードに付いている楽天Edyを使ってもらえる
利用ポイントも、本カード会員のポイント口座に付与されます。

基本的に親会員(例でいうとお父さん)の
ポイント口座に付与されるということです。

ポイントカード付帯の家族カードは例外

ただし、例外があります。それは

家族カードに付いている楽天ポイントカードを
店先などで提示すると貯まるポイントに関して。

この場合に限っては

家族カードを持っている楽天会員ID口座に
楽天スーパーポイントが付与されるんです。

ポイントはいつもらえるの?

ちなみにポイントが付与されるタイミングは、
楽天カードを使った楽天加盟店によって違います。

どんなタイミングでポイントがもらえるのかは
加盟店のホームページやレシートの印字を
確認してみてくださいね



【こちらの記事もよく読まれてます】
既に持ってる楽天カードは、パンダデザインに交換してくれるの?



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional