楽天カード 申し込み

楽天カード申し込みその前に|入会申し込み時の注意まとめ

楽天カード申し込み

楽天カードはテレビCMでも
「年会費無料!免許証、印鑑も必要ないんデス!」
とバンバン流れていて、ポイント還元率も高いとネットでも評判になっているので、入会の申し込みをしようかと迷っている方も多いでしょうね。

楽天カード保有歴5年を超える管理人が
 ・楽天カードの申込時に注意するべきこと
 ・パンダディズニーなどのデザインカード
 ・審査、発行を最短にする方法
 ・実際にカードを使っている方の口コミ感想
 ・楽天カードを2枚持ちする方法
などなど、楽天カードの申し込み前に知っておきたい情報をまとめて紹介します。

→ 楽天カード公式サイトで詳細を確認する

楽天カード詳細ページボタンtp1

【特報】 今なら入会&利用で8000ポイント【11/19(月)9:59まで】

新登場ディズニーカードについての記事はこちら
楽天カードにディズニーカード登場!特徴や申込み方法まとめ




楽天カードの入会申し込みする方法は

まず楽天カードを申し込む方法なんですが、
web上の楽天カード入会申し込みページから行ないます。

「電話や窓口で申し込みたいんだけど?」

そう希望される方もいるでしょうが
残念ながら、電話や書面での受付はないんです。

楽天カードはインターネットから申し込み

2018年4月現在、楽天カード入会申し込みは、
インターネットからしか受け付けていません。

もともとインターネット通販の大手である楽天市場の関連会社、楽天カードだから、ネットに特化したサービスなのはしょうがないかもしれませんね。
(省力化分もポイント還元されているかも)



なおパソコンを持っていない方でも
楽天カードの場合、スマホから入会申し込みが出来ますので安心して下さい。



カード申し込みには楽天会員登録が必要

楽天カードに申し込みには、楽天会員登録が必要になります。

もし、以前に楽天市場で買い物をしたりして楽天会員登録を行っている場合は、その時に登録している楽天ユーザIDとパスワードがそのまま使えます。

楽天カード申し込み 楽天会員選択

楽天カード入会申し込みページで
「楽天カードのお申し込みはこちらから」
の下に表示される「楽天会員の方」の赤いアイコンをクリックして、登録済みの楽天ユーザIDとパスワードでログインしてから、楽天カード申し込みを進めて下さい。

この場合、登録済みの氏名や住所などは、申し込みフォームにあらかじめ入力された状態になっているので、「申し込み時間が短縮できる」といったメリットもあります。

また以前に獲得した楽天スーパーポイントも申し込む楽天カードと紐付けられるので、発行された楽天カードを提携店で提示すれば、貯めたポイントを使うことも出来て便利です。

もし楽天会員登録を一度もされていない方も安心してくださいね。
同じページで「楽天会員でない方」の緑色のアイコンをクリックして、入会申し込みが出来ます。

ただし、楽天会員登録をされていない場合は、氏名や住所など一から全て入力する必要があります。

ポイントの合算や入力項目の簡略化からも楽天会員登録を既にしている方は、ログインしてから、楽天カード申し込みをするようにしてくださいね。


楽天カード【入会キャンペーン】ページへ

【特報】 今なら入会&利用で8000ポイント【11/19(月)9:59まで】

申し込める国際ブランドとデザインは?

楽天カードの入会申し込みで、まず一番はじめに入力(選択)する項目が国際ブランドとカードデザインです。

楽天カードは、主要国際3大ブランド
[check]MasterCard(マスターカード)
[check]JCB(ジェイ・シー・ビー)
[check]Visa(ビザ)
の3種類から選べます。

この時、選んだ国際ブランドによって、カードの板面デザインを選択できる範囲が変わります。

JCBだけが選択できるのが
ミッキーマウスがかわいいディズニーデザイン

ディズニー・デザインカード登場
ディズニーデザインのクレジットカードは
珍しく、しかも年会費無料カードなので、JCBを選ぶ人は多いかもしれませんね。

【新着】ディズニー楽天カードに専業主婦が入会!15年ぶりのクレカ申込で発行されたレビュー

MasterCardとJCBで選択可能なのが

楽天カード FCバルセロナプレイヤーデザイン

しかもうれしいことにこういった特別デザインも通常デザインカードと同じく、年会費永年無料

特殊デザインは年会費や手数料が別途必要なクレジットカードが多い中で、こういう点で楽天カードは好感がもてますね。

でも残念ながらVisaブランドで選べるのは通常デザインだけとなっています。

楽天カードはシルバー、楽天PINKカードはピンク色のシンプルな無地背景のカードです。

パンダやディズニーなどの特別デザインを持ってる方がかっこ悪いという方には、通常デザインの方がいいんでしょうが

Visaはちょっと不利のような気がしますよね。

でも、Visaには他の2ブランドにはない、とっておきのメリットがあるんです。


楽天カードの2枚持ち希望なら1枚目をVisaで申し込み

楽天カード 2枚持ち

実は、楽天カード新規入会でVisaを選択すると
2枚目の楽天カードを申し込めるんです。

一つのクレジットカード発行会社で2つの国際ブランドカードを申し込めるのはホントに珍しく、レアですよね!

2枚目に選択できる国際ブランドは、
MasterCardJCBのいずれか。
なお同じVisaカードを2枚持ちすることは出来ません。

2枚の楽天カードを仕事用、プライベート用とそれぞれ使い分けて、支払いを明確化しながら利用ポイントを1つの楽天会員口座に合算できる。

こんな便利な使い方も出来るんです。

楽天カードを2枚持ちするメリットや申し込む方法などは、別記事に詳しくご紹介していますので、よければご覧ください。

【関連】楽天カード2枚持ちできるように改正!パンダカードも申し込み可能に!

もし私のように、楽天カードを2枚持ちしたいなら、1枚目をVisaで申し込むようにしてくださいね。

→ 1枚目の楽天カードをVisaで申し込みする



最短発行したいなら注意すべき申し込み項目

楽天カード 申し込み項目

申し込みをしたら、できるだけ早めに楽天カードを手に入れたいですよね。

最短発行を目指すなら、審査を速くする効果のある項目が、楽天カード入会申込フォームの中にあるんです。

それが「カードのキャッシング枠」です。

この希望ご利用可能額の選択項目の欄から、「0円」を選んで下さい。

「キャッシング枠を希望すると、ポイントプレゼントがあります」という案内も書いていますが、ここでは、0円=キャッシング枠を希望しない にしてください。

なぜなら、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの項目あります。

通常のお買い物の決済で使うショッピング枠と実質上の借金をするキャッシング枠は扱う法律も違うので、別の部門での審査が必要になります。

つまり、2重で時間もかかってしまうということ。
最短で審査を終えて、カード発行、受け取りを希望するなら、キャッシング枠は申し込まないこと。

「でも将来的にキャッシングをするかも」

という人も、キャッシング枠を後から追加で申し込むことも出来ます。

なので最短発行を目指すなら、とりあえずキャシングの選択は0円にしてくださいね。

楽天カード 電話番号

もう一つ、最短発行で気をつけたい申し込み項目は

「電話番号1」「電話番号2」の欄。

固定電話が自宅にあるなら「電話番号1」に入力。
さらに携帯やスマホを持っているなら、「電話番号2」にも必ず入力するようにしましょう。

「固定電話を書いているから1つでいいのでは」
と思うかもしれませんが、ここでは必ず2個とも記入して下さい。

なぜなら、もし申し込みフォームに間違いや不確かなことがあった場合、楽天カードから申し込み内容を確認する電話がかかってくることがあります。

そうした場合に固定電話しか記入されていないと仕事などで外出中の時に電話がかかってきても応答できずに、審査待ちの時間が長くなります。

もしも入力した固定電話の番号自体が入力ミスで間違っていたとしたら・・・
最悪、審査落ちという結論になってしまいます。

なので、電話番号は2箇所とも入力するようにしてくださいね。

また同様の理由で、
メールアドレスもパソコンと携帯・スマホの2個とも書いておくほうがいいですね。

こうした連絡方法を複数持っていることも
「連絡がつきやすい人」であると審査の印象も良くなるかもしれませんね。


申し込み時に支払い口座はいらない?

楽天カードの申込み時点では、
カード利用代金の支払口座(引き落とし口座)は必要ありません。

銀行口座などをまだ用意していない場合は、とりあえずカードを申し込んでから、後で口座登録手続きをすることが出来ます。

もしもカード利用代金の引き落とし期限までに口座手続きが完了していない場合は、自宅にコンビニの支払い用紙が届きます。

このまま口座登録をしなければ毎月毎月、
カード利用代金をコンビニ支払いで支払うことは実質可能になります。

ただし、これには大きな2つの問題があります。

1.コンビニ払いの手数料がかかる

コンビニで払うための支払い用紙の発行に
82円の手数料がかかってしまいます。

つまり年間984円かかる計算に。
年会費無料という楽天カードのメリットが
これでは無意味になってしまいます。

楽天カード 手数料

2.支払いが遅れると即契約解除の危険が

毎月毎月、きっちりとコンビニから、期限内に払い込みすることが当然必要になってきます。

1回、2回ならまだしも、毎回毎回、期限内納付ってなかなか難しいですよね。

入会審査は比較的早いと評判の楽天カードですが、中途審査が厳し目という噂もよく聞きます。

配送のタイミングなどでコンビニ支払い用紙が手元に届くのが期限ぎりぎり。
なんてこともあり得ます。

そんなこんなで、「期限に間に合わなかった!」
そして一発契約解除!

なんてことになると
個人信用情報に傷がついてしまいます。

そんなことにならないためにも

カード申し込み時に、引き落とし口座の登録をまとめて済ませておきましょう。

カード発行後にあらためて口座登録手続きをするなら、届け印の捺印や種類の郵送もあって面倒くさいのも事実です。

銀行口座

そんな理由もあって口座設定手続きは、カード申し込み時にインターネットで行うのが簡単でオススメです。

楽天カードの引き落としに設定できる口座は
楽天銀行だけに限らず、
大手都銀やネット銀行、
地方銀行や信用金庫、ろうきんなど
様々な口座に対応しています。

もちろんゆうちょ銀行もOK!
(私も引き落とし口座は、郵便貯金口座に設定しています)

【関連】申し込みはネット口座が必要?地方銀行や信金では?

→ 信用金庫も設定できる楽天カードの詳細



楽天カードに悪いクチコミもあるけど、ホントのところは?

「ポイントがすごく貯まりやすい」

「ネットの操作が苦手で、
電話で問い合わせたいのにわかりにくい」

「貯めたポイントが買い物で簡単に使える。」

「案内メールがたくさん来るのがめんどくさい」
syuhu (6)
などなど、いい意見も多いのだけど
悪いクチコミも見かけることがある楽天カード。

それだけ、多くの利用者がいる人気のクレジットカードなんですね。

楽天カードユーザー100人にアンケートを実施しました!
[check]楽天カードの口コミ記事はこちら (記事増量しました)
⇒楽天カードを申し込んだきっかけの口コミ
⇒主婦が使った感想
⇒専業主婦の口コミ紹介
⇒2枚持ち専業主婦口コミ
⇒デメリットと感じたのは?
⇒個人事業主が使った感想
⇒学生で申し込んだ方の口コミ
⇒フリーターでも持ってる人の感想
⇒家族カード保有者の口コミ


メリットの裏にある理由を理解した人にこそ

もちろん商売だから、
・問い合わせのオペレーター人件費を削ったり、
・広告をホームページをメインにしたり、
企業努力をするのは当たり前ですよね。

そうしたコストカットによって
年会費無料入会ポイントもたくさんもらえたりと、
利用者にもメリットを受けることが出来るのです。


楽天カード再発行の思い出(私の感想)

私も長い間、楽天カードを使っていますが、
大した問題もなく、たくさんポイントを獲得して
楽天市場で商品を通販して、家族にプレゼントしたりしています。

楽天ポイントでプレゼント

トラブルといえば、一度カードが磁気不良になったことくらい。
もちろん自分自身の保管状態のせいですが。。。

その時でも、再発行をネットから依頼したら
新しいカードを自宅に、1週間ほどで送ってくれました。

磁気飛びで再発行の記事を読む


特徴を知って賢くポイントを貯めよう

楽天カードに限らず、メリットがある制度には
少しめんどくさかったり、わかりにくいコトがつきもの。

このサイトでは、
お得に楽天カードを申込み、お得に利用、
ポイントゲットできる方法などをご紹介しますので

必要以上に避けずに
楽天カードで、”賢く”高還元率ポイント獲得など、
そのメリットを享受していきましょう。

もちろん、公式サイトでも確認して下さいね。

→ 楽天カードを公式サイトで確認する


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional